最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008.04.30

株式市場雑感(08/04/30:日経平均終値1万3849円99銭/1570.49/112.6)

本日の東京株式市場は安値もみあい。昨晩のアメリカ市場がやや軟調で終わったことや、3月の鉱工業生産が予想以上に低かったことで大きく売られて始まったが、金融セクターへの買い上げが続き下値は限定的。その一方FOMCでさらなる利下げがあるのかどうかなど「イベント待ち」状態のため、買いも限定的で朝方の安値から買い戻された後は、日経平均で昨日の終値をはさんだもみ合い、後場後半にかけてはやや安値で推移した。出来高も21.5億株と直近ではやや増えており、思惑が錯綜したことがうかがえる。日経平均は前日比-0.32%。

日経225イメージ個別銘柄。【三菱商事(8058)】は後場にかけてやや下落。[任天堂(7974)]は安値もみあい。[楽天(4755)]は高い。[ソフトバンク(9984)]は高値で終える。[武富士(8564)]も高値推移だが引けにかけて失速。[ヤフー(4689)]はやや下げる。架空ファンドは高安まちまち。日経225マップは証券、建設がやや強めか。逆に商社が弱い。

手持ち銘柄。買値ラインを下回っていた人材派遣銘柄を手数料と相談しながらちまちまと買い増ししようとした矢先、まとまった買いが入り買値ラインを飛び越える。しばらく待ちか。食品、ゲーム関連銘柄など身近な分野の銘柄が下げ、少々頭痛のタネになる。評価額は前日比+0.12%。先日興味深い米関係優待を発表した某銘柄は発表の月曜日にPTSで買えなかったのでパス。白米ではなくて玄米なら良かったのだが。

格言メルマガは今日の段階で登録者18人にまで成長。目標の1万人まであと9982人。……何年かかるんだろう(笑)。

2008.04.28

株式市場雑感(08/04/28:日経平均終値1万3894円37銭/1583.28/118.6)

本日の東京株式市場は行ってこいの展開。債権先物が大幅に売り込まれ株式の先物が買われる動きが見られたことなどから、特に金融セクター銘柄を中心に買い進まれ大幅に株価は上昇し、ひとつの節目である日経平均で1万4000円にタッチ。しかしその後は達成感からか売りこまれ、後場に入ると大幅にマインドは低下。一時は前営業日比でマイナスにまで売り込まれる。しかしその後再度買い進まれ再び日経平均はプラ転。結局終値では30円ほどのプラスで終わった。奇妙なことにTOPIXは21.84と大幅にプラスをつけている。大型銘柄の動きが「奇妙」だったことを表す一つの指標といえよう。出来高は20.4億株、日経平均は+0.22%。

日経225イメージ個別銘柄。[任天堂(7974)]は上昇。[新日鉄(5401)]も高い。[サイバーエージェント(4751)]は急落。[ソフトバンク(9984)]も安い。[武富士(8564)]は堅調。[ゼンショー(7550)]も高い。架空ファンドはカレーファンドのみ安い。日経225マップは商社セクターがやや弱めか。


手持ち銘柄。人材派遣銘柄を1枚だけ買い増し。ちまちまと買い増しを続け、全部で10枚強。もうちょっと増やした方がいいかな。他は高安まちまちで、一部商社が大きく上げたのが貢献し評価額は前日比+0.54%。引け後に面白い話が入ってきたので、その銘柄を購入しようかどうか検討中。あまり近寄りたくないセクターではあるが…。

2008.04.25

株式市場雑感(08/04/25:日経平均終値1万3540円87銭/1569.92/115.5)

本日の東京株式市場は大幅高の展開。安値もみ合いの展開。昨晩のアメリカ市場が堅調に推移した事と、為替が104円台と直近ではかなりの円安ドル高に推移したことを好感し大きく買われた。後場に入り一段高となり、大きく続伸して場を終える。ただし同時に債券先物市場が大きく下落しており、こちらの影響が今後株式市場にも生じるのではないかという懸念もある。出来高は18.5億株。日経平均は前日比+2.38%。

日経225イメージ個別銘柄。【三菱商事(8058)】は小幅安。[任天堂(7974)]は安値もみあい。[楽天(4755)]は高い。[ソフトバンク(9984)]は高値もみあい。[武富士(8564)]も高値推移。[ヤフー(4689)]はやや上げる。架空ファンドは任天堂のみ安い。日経225マップは商社系がやや弱いほかは全面高。

手持ち銘柄。昨年後半に買ってしばらく後に大暴落し、買い増ししても含み損状態が続いていた(要は戦略ミス)の某製薬銘柄を本日利益確定。5か月ほどで2%後半の利益率というのは微妙なところだが、元々ミスでホールドし続けていたわけだし、利益が出ただけでもよしとしよう。下手に欲張るとろくなことがない。他は先日コメントした監視銘柄も含め特に動きはなし。手持ち銘柄は高安まちまちやや高値多しで全体としては前日比+0.61%。あと先日、元ゲーム関連銘柄を1枚だけ購入。買った直後にじわじわと値が上がり、買い増しするタイミングを逸する。まぁこんなものか。

製薬銘柄を売り切ったおかげでCP率が3割にまで回復。もう1銘柄似たような状況のものがあるので、これも売りタイミングをうまく得られれば4割近くにまで回復する。さてどうするかな、と。

2008.04.24

株式市場雑感(08/04/24:日経平均終値1万3540円87銭/1586.88/116.0)

本日の東京株式市場は安値もみ合いの展開。前場は昨晩のアメリカ市場がプラスで引けた事などを受けて買い優勢でスタートしたものの、決算発表や連休をひかえて取引そのものがひかえられる傾向が強く、さらにそのような閑散市場を狙った先物の市場誘導が激しさを増し、出来高は少ないものの荒れた展開となった。その出来高は15.8億株とかなり少なめ。日経平均は前日比-0.28%。中国株の爆上げも東京市場には影響を与えなかったようだ。

日経225イメージ個別銘柄。【三菱商事(8058)】は次第安。[任天堂(7974)]もみ合いの末安値引け。[楽天(4755)]も安い。[ソフトバンク(9984)]はもみあって結局前日比プラスで引ける。[武富士(8564)]も高値推移。[ヤフー(4689)]は大きき下げる。架空ファンドは全面安。日経225マップは……本日復活を確認。多少仕様が変わっているようだが、復帰に感謝&賛辞。

手持ち銘柄。安値引け。複数銘柄で本日権利落ちのものがあり、それらが大きく値を落とす。また色々トラブルに巻き込まれて値を下げるものもあり、評価額は前日比-0.60%。戦略ミスで身動きが取れなくなった製薬銘柄がそろそろ買値に戻るので、やれやれ売りをしたいところだが……(本日指値売りしたが約定せず)。とりあえずPTSで売り注文を出すか。さらに値を上げる可能性もゼロではないが、ミスを後々まで引きずるのは良くない。それに、重要監視銘柄の中でそろそろ「買いかな」という中・長期保有向け銘柄も出てきたし。

2008.04.23

株式市場雑感(08/04/23:日経平均終値1万3579円16銭/1605.54/127.6)

本日の東京株式市場は行って来いの展開。寄り付きは前日のアメリカ市場が軟調だったことや24日以降本格化する日本の大手企業の決算発表を前に様子見の気配が強く、売りも先行する形で値を下げ、日経平均で1万3500円を意識したもみ合いの展開。しかし前場終わりから後場はじめにかけて先物に大きな買いが断続的に入り(国内年金や底堅さを見た売り方の買い戻しという話あり)、大きく値を吊り上げ一時は1万3700円まで到達。しかしその後は達成感か続く勢いがないからかじわじわと失速。タチの悪い事に引けにかけて大きくまとまった売りが入り、日経平均そのものも一挙に値を下げる。高値警戒感からの確定売りなのだろうか。出来高は17.0億株と相変わらず少なめ。日経平均の前日比は結局+0.23%に留まる。


日経225マップに動きあり。先日までサーバエラーを出していたのが、本日確認したところタグ上に「n225.jp」のみの文字。管理者が不在ではなく、確実にいる事を示している。今後の動向を注視したいところ。個別銘柄。【三菱商事(8058)】は次第高。[任天堂(7974)]も大きく値を上げる。[楽天(4755)]は大きく上げて何度かストップ高をつける勢い。[ソフトバンク(9984)]はやや高め。[武富士(8564)]も高値推移。[ヤフー(4689)]は引けにかけて下げてマイナスで終わる。架空ファンドは任天堂のみ上げ。

GoodNewsイメージ手持ち銘柄。大幅高。銘柄数的には安値展開のものが多いのだが、2銘柄ほどよく上げてくれたものがあり、全体を押し上げる。特に戦略ミスでホールドしてしまい、同値撤退でも良いからと考えていた銘柄が上方修正を出して大幅高となる。早速指値で売り注文を出すもそこまで届かず。今後PTSも含めて毎日指値売り注文を出しておこう。運転資産の1/3強を足止めされているだけに、早く何とかしたいのだが。評価額は前日比+2.41%。

メルマガ正式配信一日目。管理画面で見る限り登録者数は11人。テスト用に自分の携帯からも登録してあるので実質的には10人。初日登録として多いのか少ないのか微妙なところだが、夢は大きく1万人を目指したい。また、携帯版の運用のノウハウが(あるとすれば)パソコン版のメルマガ配信にも役立つはずだ。

2008.04.22

株式市場雑感(08/04/22:日経平均終値1万3547円82銭/1590.74/130.3)

本日の東京株式市場は反落、軟調もみ合い。前日までで5営業日連続しての続伸となり高値警戒感が強まっていたことや、前日のアメリカ市場の軟調、さらにはバンクオブアメリカの決算内容が嫌気されるなど、売り材料が出そろい大幅に売られる。また、為替もやや円高ドル安に振れ、これも売りを加速させる要因となった。しかし日経平均1万3500円に近付くと買い支えの動きが強まり、下値ながらも手堅い展開に。結局終値では約150円程度の下げでとどまった。日経平均は前日比-1.09%、出来高は15.8億株と少ない。


個別銘柄。[任天堂(7974)]は安値。[新日鉄(5401)]は次第安。[サイバーエージェント(4751)]は高値安定。[ソフトバンク(9984)]は安値。[武富士(8564)]は軟調。[ゼンショー(7550)]も安い。架空ファンドは高安まちまち。架空ファンドは高安まちまち。

手持ち銘柄。銘柄数的には高安まちまち。ただ、下げた銘柄の大部分が比重が大きいものだっただけに全体としては前日比-0.88%。日経平均の下げよりはマシだが…。明日権利確定日銘柄がいくつかあるので、注意深く見守りたいところ。

【先の記事】でもお伝えしたが、パソコン・携帯電話両用のメルマガ「今朝の投資格言」の登録申請が通り、明日から配信を始めることになった。発行スタンドはまぐまぐ。携帯でも読めるようにシンプルでボリュームを押さえた格言を毎日早朝に配信していく。ご興味のある方は是非ご購読を。一方で通常版のメルマガはまだアンケートなどの結果を見てということで検討中。はてさて。

2008.04.21

株式市場雑感(08/04/21:日経平均終値1万3696円55銭/1603.40/125.3)

本日の東京株式市場は続伸。先週末に発表されたアメリカ企業の決算を好感(といっても「予想よりは悪くなかった」程度なのだが)したアメリカ市場の堅調さを受けて全面高の展開。節目となる日経平均1万3500円を超えたところでもみ合いの展開となる。為替レートもややドル高に推移し、これも株価を底支えしている。しかし市場全体の勢いは弱く、高値をつけ1万4000円台に達するにはもう少し大きな材料とそれに伴う出来高が必要なようだ。また、大型銘柄が元気な一方で新興市場銘柄が軟調なのも懸念材料。出来高は18.6億株。日経平均は前営業日比で+1.63%。


個別銘柄。【三菱商事(8058)】は小幅高。[任天堂(7974)]は大幅高で推移。[楽天(4755)]は微上げ。[ソフトバンク(9984)]も強い。[武富士(8564)]も失速はしたが高値引け。[ヤフー(4689)]は引けにかけて上げてプラスで終わる。架空ファンドは任天堂のみ上げ。

手持ち銘柄。高安まちまち。「新興銘柄が軟調」という今日の市場展開に合わせる形で、商社銘柄やチョコレート・手帳銘柄・優待銘柄などが微下げ。その他金融銘柄・飲料銘柄は上げたが大したボリュームでもなく、終値ベースでは+0.06%に留まる。

掲示板でも触れているが、【メルマガに関するアンケート】は現在も実施中な一方で、メルマガ発行スタンドに「投資格言」に関するメルマガ(携帯・パソコン両用)の申請を行った。今週末くらいには返事がくるだろう。うまく申請が通れば、投票やスケジュールの結果次第で稼働するメインメルマガの慣らし運転的な形で展開していく予定だ。

2008.04.18

株式市場雑感(08/04/18:日経平均終値1万3476円45銭/1537.37/114.4)

本日の東京株式市場は行ってこいの展開。前場は売り買い共に材料が見つからず、利益確定売りと底値買いが交差するような形でもみ合いに終始。後場に入ると先物主導の売りがかさみやや下値展開の様相を呈したが、これも勢いが続かずじきに反転。今晩のアメリカの大手企業(キャタピラーやシティグループ)の決算そのもの、そしてそれに反応したアメリカ市場の動きをみようという流れが強く、やや買いが強まり値は釣り上がったものの勢いも限定的。出来高の少なさも目立つが、ゴールデンウィークにかけて今まで以上に薄商いが続きそうだ。出来高は15.8億株。日経平均は前日比+0.58%。


個別銘柄。[任天堂(7974)]は大幅高。[新日鉄(5401)]も高値引け。[サイバーエージェント(4751)]は安値。[ソフトバンク(9984)]も高値で21世紀回復。[武富士(8564)]ははやや高値。[ゼンショー(7550)]も高い。架空ファンドは高安まちまち。架空ファンドは療養食品のみ安い。

手持ち銘柄。銘柄数的には高値展開のものが多いのだが、下げている銘柄の影響力が大きく前日比-0.40%。保有枚数が比較的多い小型商社と、製薬銘柄の下げがきつかった。お昼休みの後場開場前に、手持ちの人材派遣会社で大きな投げ売りの気配があったのでこれ幸いとばかりに拾おうとしたら、開場直前に引っ込められてあわてて注文取り消し。これだからマイナー銘柄は困る。

閑話休題。今年のゴールデンウィークは本業ではどうやら暦通りの出勤となりそうだが、世の中の動きがある程度静かになるので、「レシピサイトのデータ蓄積」と「新規ミニサイトの立案(と構築)」を手掛けてみようと考えている。後者は規模的には「郵送健診サイト」と同程度かさらに小さいレベル。あるサイトでのやり取りに感化された形だが、モチベーションの高まりを心の奥底から感じることができる。この高揚感は久々のもの。これがそのまま投資の成績やサイトのアクセス数などに連動すればよいのだが(笑)。

一方メルマガはまだまだご意見募集中。入力データを有効に活かしたいので「ことわざ・格言」はどこかで導入したいのだが……。

2008.04.17

株式市場雑感(08/04/17:日経平均終値1万3398円30銭/1486.29/105.4)

本日の東京株式市場は続伸。不安視されたアメリカ企業の決算を好感して市場の不安心理が後退し、昨晩のアメリカ市場が堅調に終わったことを受けて特に輸出株や金融株に買いが集まった。ただしまだ「及び腰」な感はぬぐえず、日経平均で300円プラスを超えたあたりで利益確定売りが相次ぎ、あとはじわじわと値を戻しつつ場を終えた。出来高は18.6億株とここ数日来ではやや多めだが、まだ閑散という状況から抜けたわけではない数字。日経平均は前日比+1.92%。


個別銘柄。【三菱商事(8058)】は小幅安。[任天堂(7974)]はやや高め。[楽天(4755)]は微下げ。[ソフトバンク(9984)]は強い。[武富士(8564)]は大幅上昇。[ヤフー(4689)]も上げて終わる。架空ファンドは牛丼のみ上げ。

GoodNewsイメージ手持ち銘柄。4月頭に購入した造船銘柄が軟調に推移しそうなので薄利で売却。他は手帳銘柄とゲーム銘柄がやや下げた他は堅調。評価額は前日比+1.11%と日経平均に及ばず。もう少し威勢良く上げてくれるとうれしいのだけど。

2008.04.16

株式市場雑感(08/04/16:日経平均終値1万3146円13銭/1484.55/104.8)

本日の東京株式市場は続伸。不安視されたインテルの決算がアナリスト予想とほぼ同じ、あるいはやや上回ったことや、アメリカ地銀の四半期決算が予想以上だったことを好感、さらに昨晩のアメリカ市場も堅調だったことから買い進まれた。主に不動産や金融関係銘柄に注目が集まったものの、全体的な流れとしては「様子見」の感が相変わらず強く、出来高も多くなく閑散とした形に。その出来高は17.9億株。日経平均は前日比+1.20%。


225マップは本日も復旧せず。まっさらのページのまま。年度が変わって更新が滞ったので、「配置換え、あるいは就職でサービスを終了したのでは」という意見を耳にする。その説明だと納得がいくのだが……。個別銘柄。【三菱商事(8058)】は小幅安。[任天堂(7974)]も安い。[楽天(4755)]も大幅安。[ソフトバンク(9984)]は強い。[武富士(8564)]も強含み。[ヤフー(4689)]は弱い。架空ファンドはカレーのみ上げ。

手持ち銘柄。通信事業銘柄を1枚買い増し。他は売買上は特に目立った動きはなし。その他金融銘柄や小型商社銘柄が値を上げるが、食品銘柄や手帳銘柄が値を下げ足を引っ張る。上げている銘柄も上げ幅は小さく、評価額は前日比+0.27%に留まる。

【メルマガに関するアンケート】についてだが、選択肢に「投資ことわざ配信」を入れるのを忘れていた。かつてスクリプトを改良してトップページに掲載しようとしたものの、サーバー負担が大きすぎてすぐに撤去してしまい、結局ことわざのリストのみが宙ぶらりんの状態。簡易版が「携帯株板」の方にあるが、あれの拡大リスト版を毎日1本ずつ配信するというもの(せっかく調べたのだからもったいないし……)。配信先を携帯にするかパソコンにするかすらまだ決めていないのだが、どうにかしたいとは考えている。

2008.04.15

株式市場雑感(08/04/15:日経平均終値1万2990円58銭/1514.64/103.4)

本日の東京株式市場はやや高値圏でのもみ合い。昨晩のアメリカ市場がさほど下げなかったことや為替がある程度安定している動きを好感してか、輸出関連銘柄や不動産・金融などに買い戻しの動きが見られた。しかし今晩からのアメリカの大企業の決算発表や経済指標を見て動こうとする向きが強く、総じて様子見の雰囲気。出来高も16.7億株と少なく、閑散とした感がある。日経平均は前日比+0.57%。


個別銘柄。[任天堂(7974)]は大幅安。[新日鉄(5401)]は高値引け。[サイバーエージェント(4751)]は高値。[ソフトバンク(9984)]も高値で20世紀回復。[武富士(8564)]は下げて2000円台割れ間近。[ゼンショー(7550)]は堅調。架空ファンドは高安まちまち。日経225マップは未だ回復せず。

GoodNewsイメージ手持ち銘柄。高安まちまちやや高値多し。手帳や優待不動産銘柄が堅調、チョコレート優待銘柄が軟調。あと、今朝のニュースを受けてか製薬銘柄が非常に堅調。一方でもっともキツめの基準で損切りラインに達したゲーム銘柄を売り損ねる。明日寄り付きが軟調なら、そのまま成り売りしよう。……あー、でもまだ1割減ですらないんだよなぁ。どうするか。自主ルール厳守を先行するか。ちなみに評価額は前日比+1.29%。

2008.04.14

株式市場雑感(08/04/14:日経平均終値1万2917円51銭/1554.48/96.8)

本日の東京株式市場は大幅安の展開。G7での為替協調対策が見送られたことや、一部アメリカ当局者による公的資金投入への否定的発言、先週末のアメリカ市場の下げを受けて大幅な売りでスタート。その後日経平均は1万3000円を割り込み、下値でもみ合いの展開を続ける。ただし出来高が15.1億株と少ないこともあり、積極的な売りは先物と一部外国勢に留まっており、「買い手不在のためのじり下げ」の感が強い。日経平均は前営業日比で-2.04%。


225マップは本日も復旧せず。まっさらのページのまま。ソースそのものが書かれているので、何らかの意図があるものと思われるが不明。連絡の取りようもなし。個別銘柄。【三菱商事(8058)】は小幅安。[任天堂(7974)]は高い。[楽天(4755)]もかろうじて高値。[ソフトバンク(9984)]は安値引け。[武富士(8564)]もは一時プラ転するもこらえきれず。[ヤフー(4689)]は弱い。架空ファンドは全面安。

手持ち銘柄。市場がこんな状況だが奇跡的に高安まちまち。薬品関連銘柄・その他金融銘柄・ゲーム関連銘柄が大きく下げ、優待不動産銘柄や小型商社銘柄が上げる。概して大型銘柄が下げ、小型が奮闘した形。評価額は前営業日比で-0.98%。

2008.04.11

株式市場雑感(08/04/11:日経平均終値1万3323円73銭/1558.00/96.3)

本日の東京株式市場は大幅高の展開。為替がドル高円安に振れたことが大きく市場にプラスの案域を与え、また週末のG7にたいする期待感もあり次第に買い進まれる。一部にはアメリカのリセッションについて、「いつ始まるか」ではなく「いつ終わるのか」が話し出される始末。FRB議長による時価評価に対するコメントも動きを加速させたようだ。小SQにも関わらず出来高は20.3億株と小さめで、まだ市場が本格的な戻り基調に到達したとは考えにくいが、終値がSQ値(13129円58銭)よりはるか上で終わるあたり、トレンド転換の兆しと受け止められるとの話もある。日経平均は前日比+2.92%。


個別銘柄。[任天堂(7974)]は高値もみ合い。[新日鉄(5401)]は後場プラ転。[サイバーエージェント(4751)]は安値。[ソフトバンク(9984)]は高値引け。[武富士(8564)]も高い。[ゼンショー(7550)]も上げて終わる。架空ファンドは全面高。日経225マップは未だ回復せず。

GoodNewsイメージ手持ち銘柄。高値展開。前日比マイナスは先日売り上げ好調のIRを出した化粧品銘柄のみ。特に薬品銘柄と商社系銘柄が強く、全体をけん引する。評価額は前日比+1.19%と日経平均には遠く及ばず。手帳銘柄がへなちょこなのが少々シャク。

2008.04.09

株式市場雑感(08/04/09:日経平均終値1万3111円89銭/1526.64/99.5)

本日の東京株式市場は後場急落の展開。前場はアメリカ市場が昨夜やや下げたにもかかわらず上げ基調で推移したがまもなく失速。後場に入るとS&Pがアメリカの住宅ローン保証会社の格付けを下げたことをきっかけに先物で大きな売り仕掛けが入り、これが現物の下げも誘導。「下げるための下げ」という雰囲気が強く、日経平均1万3000円をわずかに割ったもののその後は反発。やや戻した形で今日の取引は終わった。出来高は18.3億株と相変わらず少なめ。日経平均は-1.05%。


個別銘柄。【三菱商事(8058)】は微下げ。[任天堂(7974)]は安い。[楽天(4755)]も下げる。[ソフトバンク(9984)]も下げ。[武富士(8564)]もさえない。[ヤフー(4689)]も弱い。架空ファンドは全面安。日経225マップは本日も復旧せず。昨夜夜半には正体不明のNPOあたりのブログが掲載されていて「方針転換か?」とも思われたが、今日にはまっさらのページに変わっていた。ただソースコードを見ると意図的に白表示にしているようなので、何らかの思案があるようだが詳しい状況は不明。

BadNewsイメージ手持ち銘柄、高安まちまちやや安値多し。ゲームセクター・その他金融などここ数日がんばっていた銘柄が反動を見せるかのような大幅下落。これが災いして結局前日比-0.97%。手帳銘柄を買い増ししようと指値買いを入れるも、自分の番まで回ってこず値動きは反転。いつも監視している出来高の少ない銘柄も、自分の買い指値の1ティック上で成り行き売りがすべて拾われていたようで、さらに凹む。

2008.04.08

株式市場雑感(08/04/08:日経平均終値1万3250円43銭/1545.05/100.9)

本日の東京株式市場は次第安の展開。売りも買いも特にエネルギーとなるような材料が無い中、ここ数日中の上げに対する利益確定の売りが広まり、さらにそれを助長するかのような先物の売りが断続的に投げられ、後場に入ると一段安の展開に。出来高が16.9億株と少なめなせいもあり、売りを買いが吸収しきれず値が下がったような感もある。日経平均は前日比-1.49%。


個別銘柄。[任天堂(7974)]は安値。[新日鉄(5401)]はやや下げ[サイバーエージェント(4751)]は大幅安。[ソフトバンク(9984)]も下げたが一時期2000円台を回復。[武富士(8564)]も安値引け。[ゼンショー(7550)]は大幅高。架空ファンドは全面安。日経225マップは…先日同様サーバーが初期状態(アパッチの画面)。どうしたものか少々不安。

手持ち銘柄。高安まちまち。新規購入していた食品関連銘柄が下げ、また昨日上げていたゲーム関連銘柄やその他金融銘柄も下げる。しかし小型商社や飲料銘柄がほどよく上げたため、全体としては前日比+0.03%という結果に。短期売買用銘柄は両社ともやや下げたものの、損切り・利益確定ラインまでには至らず。

2008.04.07

株式市場雑感(08/04/07:日経平均終値1万3450円23銭/1575.90/98.1)

本日の東京株式市場は大幅高の展開。前場こそ軟調でスタートし安値もみあいの様相を呈したが、前場終焉にかけてじりじりと値を上げ、後場に入ると先物主導で大幅に値がつりあがり全面高の展開。為替がややドル高に進んでいることからハイテク関係や資源高から商社が買われた。来週からはアメリカの金融機関の決算発表が相次ぐが、それを間近にひかえたインターバルにおける買いが集まったというところか。ただし出来高は18.3億株とそれほど多くも無く、まだ本格的な回復市場の到来とはいえない雰囲気。日経平均は+1.18%。


個別銘柄。【三菱商事(8058)】は大幅高。[任天堂(7974)]も高い。[楽天(4755)]は大幅上昇し6万円台に突入。[ソフトバンク(9984)]も大きく上げ、2000円台を目指す動き。[武富士(8564)]も高値。[ヤフー(4689)]も上げて終える。架空ファンドは牛丼のみ下げる。日経225マップは……配信元のサーバが初期化されてデータが取得できないので今日はお休み。一時的なものなのか、それとももうサービスがおしまいなのかは不明。

GoodNewsイメージ手持ち銘柄、大幅高。その他金融が高めで推移し、小型商社も堅調。飲料関連銘柄もほどよく上げている。先日PTSで購入した輸送機器関連銘柄とゲームセクター銘柄が共に含み益状態に突入したのはうれしいお話。下げたのは化粧品と手帳という、お馴染みの古株ばかり。評価額は前日比+1.32%。また、【吉野家(9861)】を寄り付きで購入し16万9000円で売却。税金・手数料を別にすれば約2.4%の利益。配当利回りは高くないし、優待をもらっても使えないから短期間で手放して正解だろう。1か月もすれば17万円台半ばまでは戻るだろうが……。

2008.04.04

株式市場雑感(08/04/04:日経平均終値1万3293円22銭/1472.34/89.5)

本日の東京株式市場は安値もみあいの展開。週末ということやこれまで3営業日連続して上昇していたことなど、さらに今晩発表されるアメリカの3月雇用統計をひかえ、ポジションを軽くしておこうという動きから売りが先行し、安値展開の状態に。特に昼過ぎにまとまった買いが入り日経平均でプラスに転じるのでは、との流れもあったがさすがに今日は継続せずに失速。ここ一週間ほどの傾向としてみられる「先物が誘導を図るも現物がそれに追いつかない」という状況は今日も見られた形となった。出来高は18.4億株とやや少なめ。日経平均は前日比-0.72%。

日経225イメージ個別銘柄。[任天堂(7974)]は微上げ。[新日鉄(5401)]は終日前日比マイナス。[サイバーエージェント(4751)]も安い。[ソフトバンク(9984)]も下げ。[武富士(8564)]は高値引け。[ゼンショー(7550)]は安値もみ合い。架空ファンドは牛丼のみ下げ。日経225マップは食料品、電気・ガス、サービスなどが強い。

手持ち銘柄。先日安値落ちしていた小型部品メーカー銘柄を薄利で売り抜け利益確定。他は特に売買なし。手持ち銘柄は全面安で、特に優待で有名な小型商社が弱く、大きく足を引っ張る形に。評価額は前日比-0.76%。もう少しCPを増やしておきたいところだが……。権利確定越えしたゲーム銘柄が含み益まであともう一歩のところまで回復しているので、これがなんとかなりそう(そもそも上昇を狙って手をつけたのだがとたんに急落し、気がついたら権利越え。おまけに損切りラインまでは下がらないという一番やっかいな状態だった)。

2008.04.03

株式市場雑感(08/04/03:日経平均終値1万3389円90銭/1517.14/91.5)

本日の東京株式市場は大幅続伸で引ける。前場はアメリカ市場の軟調さや昨日の猛烈な上げの反動・利益確定売りなどの動きもあり、もみ合いで終始。しかし後場に入ると先物の買い仕掛けなどとあわせて大幅に上昇に転じる。途中失速することもなく、終値では日経平均は前日比200円ちょっとの上げ。ただし出来高はまだ20.7億株と大きくなく、相変わらず「恐る恐る買い進め」ているようすがうかがえる。日経平均は+1.52%。

日経225イメージ個別銘柄。【三菱商事(8058)】は高値。[任天堂(7974)]は安値引け。[楽天(4755)]は高い。[ソフトバンク(9984)]も上げる。[武富士(8564)]は終日軟調。[ヤフー(4689)]は上げて終える。架空ファンドは任天堂のみ下げる。日経225マップは卸売、陸運の一部が軟調の他は全面高。

手持ち銘柄、高安まちまち。製薬会社ががんばったものの、中小小売銘柄がやや軟調。飲料銘柄も結局下げ、評価額は前日比+0.90%にとどまる。優待目当てで小型株を1枚購入。単元価格も安いし、放置決定。

2008.04.02

株式市場雑感(08/04/02:日経平均終値1万3189円36銭/1449.69/95.2)

本日の東京株式市場は大幅高の展開。欧米における金融機関の増資報道が相次いだのと共に、アメリカのポールソン財務長官による発言報道(FRBのベア・スターンズ救済策で損失が出た場合、財務支援を容認していたというもの)が明らかになったことで、金融市場への不安感がやや後退し、安心感が広まったことを受け、猛烈な買い基調となった。さらに金融市場への安心感と相互作用する形で為替もややドル高に推移したことも株価を押し上げる一因に。寄り付きで大きく上げたあともじわじわと上昇を続け、終値ベースでは日経平均で500円超えで場を引ける。ただし出来高は20.7億株と上昇率の高さにしてはさほど大きくなく、打診買いの感が強い。日経平均は前日比+3.19%。

日経225イメージ個別銘柄。【三菱商事(8058)】は高値。[任天堂(7974)]は大幅高。[楽天(4755)]も高い。[ソフトバンク(9984)]も上げる。[武富士(8564)]も急騰。[ヤフー(4689)]も上げて終える。架空ファンドは全面高。日経225マップは陸運、卸売、鉱業の一部が軟調な以外はほぼ全面高。

GoodNewsイメージ手持ち銘柄、大幅高。チョコレート優待銘柄と手帳銘柄のみが下げ、あとは前日比変わらずか上げ。特に薬品関連銘柄とその他金融銘柄が猛烈な上げ。しかし全体では前日比+2.77%と日経平均の上げ率には及ばず。残念。

2008.04.01

株式市場雑感(08/04/01:日経平均終値1万2656円42銭/1472.34/84.8)

本日の東京株式市場はやや高の展開。寄り付き前に発表された日銀短観はかなり悪い数字ではあったが、市場判断は「すでに織り込み済み」のようだった。その後新年度突入による資金の買いこみや、先日の売り方の買い戻しなどもあり次第高に。後場に入りUBS証券の赤字拡大の報道などが嫌気されてやや下げたが、結局場が終了するまで高値を維持することができた。ただし出来高は17.4億株と少なく、まだまだ多くの投資家が様子見をしている状況がうかがえる。日経平均前日比は+1.04%。

日経225イメージ個別銘柄。[任天堂(7974)]は微上げ。[新日鉄(5401)]も高い。[サイバーエージェント(4751)]は安値引け。[ソフトバンク(9984)]も安い。[武富士(8564)]は高値引け。[ゼンショー(7550)]も高い。架空ファンドは全面高。日経225マップは電気・ガス業、医薬品、不動産、保険業、銀行業などが強い。

手持ち銘柄。人材派遣銘柄と手帳銘柄を1枚ずつ買い増し。これでしばらくの間はホールド銘柄の買い増しはないはず。短期売買系ではゲーム銘柄が大きく上げたものの、まだ買値には戻らず、もやもやした状態。ただ他にも今日は薬品系や飲料系銘柄も健闘したので、評価額は+0.97%……って日経平均の伸びにかなわなかった(涙)。そうそう、先日愚痴をこぼしたイートレ証券のウェブ画面の新レイアウト。夜半にはお詫び文が掲載されるとともに、快適なスピードに戻っていた。表示そのものに変化はないので、余計な内部処理でもしていたのではないかと憶測。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

最近の写真