最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(08/06/18:日経平均終値1万4452円82銭/1621.36/96.6) | トップページ | 株式市場雑感(08/06/20:日経平均終値1万3942円08銭/1602.81/83.7) »

2008.06.19

株式市場雑感(08/06/19:日経平均終値1万4130円17銭/1621.36/86.2)

本日の東京株式市場は大幅安の展開。前日のアメリカ市場が軟調だったことや業績見通しの弱さからアメリカへの景気不安感が高まり、影響を受けやすい輸出・金融銘柄を中心に大きく売り込まれている。さらにこの場に乗じた「不安感をあおって株価を下げ、相対的に債券価格を上げたい悪い大人」たちによる売りあおりなどがあり、一部材料銘柄・仕手化した銘柄以外は一様に売られたまま場を終えた。出来高は21.2億株とそれなり。ここまで大人がやりたい放題を続けていると、どこまで市場状況が「実際に」悪化しているのか、それとも悪化しているように「見せられている」のかが分からなくなってくる。日経平均は-2.23%。マザーズ指数はそれ以上に下げているが、ジャスダックはそれなり、東証2部指数もそこそこ健闘しており、大型銘柄や一部売り材料のあった銘柄がとりわけ売れら、それらに引きつられて全般的に下げた様子がうかがえる。

日経225イメージ個別銘柄。【三菱商事(8058)】は引けにかけて下げ幅を拡大する。[任天堂(7974)]は後場反転して高値引け。[楽天(4755)]は大幅安。[ソフトバンク(9984)]も大きく下げて場を終える。[マクドナルド(2702)]は小幅安。【吉野家(9861)】は引け際に大きな売りが入り一段安。架空ファンドは全面安。日経225マップは真っ赤。

手持ち銘柄。小幅安。銘柄数では下げた数が圧倒的だったがその幅は小さく、1銘柄飲料銘柄がそれなりに健闘して大きく上げたため、他の銘柄の下げをある程度打ち消し。終値ベースでは-0.26%にとどまった。IT銘柄はあと10ティックで買い増しラインだが、そろそろ反転しそうな雰囲気もあり、思わず手が出そうになるも我慢我慢。外食産業銘柄は、もう塩漬けかな。買い増しのタイミングがつかめない。

« 株式市場雑感(08/06/18:日経平均終値1万4452円82銭/1621.36/96.6) | トップページ | 株式市場雑感(08/06/20:日経平均終値1万3942円08銭/1602.81/83.7) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(08/06/18:日経平均終値1万4452円82銭/1621.36/96.6) | トップページ | 株式市場雑感(08/06/20:日経平均終値1万3942円08銭/1602.81/83.7) »

最近の写真