最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(08/07/18:日経平均終値1万2803円70銭/1490.91/72.0) | トップページ | 株式市場雑感(08/07/23:日経平均終値1万3312円93銭/1536.35/75.1) »

2008.07.22

株式市場雑感(08/07/22:日経平均終値1万3184円96銭/1509.94/72.5)

本日の東京株式市場は二段上昇の展開。先週末のアメリカ金融セクター企業の決算が「予想よりは」悪くなかったことを受けて特に銀行系銘柄を中心に買い進まれ、日経平均は1万3000円台を回復。後場に入り前場はトラブルで止まっていた株式先物取引が再開されると、それに後押しされる形で二段目の上昇に。一挙に日経平均で400円近い上昇幅(+2.98%)。33業種すべてがプラス引けという珍しい上げ方で場を終えた。ただし、ジャスダック・ヘラクレス・マザーズ指数はいずれもマイナス引けをしており、新興市場の春はまだ遠いものと思われる。特にマザーズ指数は-3.15%とナイアガラ状態が続く。不動産セクターの下げがきついからなのか…。

日経225イメージ個別銘柄。[任天堂(7974)]は引けにかけて上げる。[新日鉄(5401)]は大幅高。[サイバーエージェント(4751)]はも大きく下げるい。[ソフトバンク(9984)]はもみあい。[武富士(8564)]は高値引け。【吉野家(9861)】は大幅高。なお本日から一部銘柄で刻み値が変更されているので、少々妙な印象がするのは当方だけではあるまい(【参考リリース、PDF】)。架空ファンドは全面高。日経225マップは情報通信や医薬品の一部が安いだけであとはほぼ全面高。

手持ち銘柄。SBI証券が土日メンテナンスのため注文を受け付けていなかったのでついつい注文を入れ忘れた銘柄があり、後で死ぬほどのたうちまわりながら後悔する。なんてこったなんてこった魔(ry 。既存銘柄は手帳と小型商社以外はほぼ全面高。特にIT系と資源系の2ルーキー銘柄が強い。終値ベースでは+0.73%と日経平均の上げと比べればミジンコのような上げ幅。

« 株式市場雑感(08/07/18:日経平均終値1万2803円70銭/1490.91/72.0) | トップページ | 株式市場雑感(08/07/23:日経平均終値1万3312円93銭/1536.35/75.1) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(08/07/18:日経平均終値1万2803円70銭/1490.91/72.0) | トップページ | 株式市場雑感(08/07/23:日経平均終値1万3312円93銭/1536.35/75.1) »

最近の写真