最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(08/08/01:日経平均終値1万3094円59銭/1441.54/82.8) | トップページ | 株式市場雑感(08/08/06:日経平均終値1万3254円89銭/1500.02/86.3) »

2008.08.05

株式市場雑感(08/08/05:日経平均終値1万2914円66銭/1470.69/81.6)

本日の東京株式市場はもみあいの展開。今晩のFOMCの動向を待って売り買いを決めようという動きが強く、全体的には様子見の雰囲気。日経平均で1万3000円台を中心に売り買いが錯綜し、大きな流れはない。原油価格が120ドル割れという、ある意味では買い材料は出ているのだが、日本国内の景気後退が一層はっきりとしたための売りがそれを打ち消しているようだ。引けにかけて大きく売り込みが入り、結局前日比マイナスで場を終える。出来高は21.7億株。日経平均は前日比-0.14%。今日は新興市場銘柄もそれほどキツい下げは見られない。

日経225イメージ個別銘柄。[任天堂(7974)]は高値。[新日鉄(5401)]は安い。[サイバーエージェント(4751)]は上げて終える。[ソフトバンク(9984)]は下げて終わる。[武富士(8564)]はじり高。【NEC(6701)】は安値。架空ファンドは牛丼のみ安い。日経225マップは高安まちまちでまだら模様。銀行業と輸送用機器が高めか。

手持ち銘柄。銘柄種類数的には高安まちまち。小型商社がじわりと下げ、そのすき間をルーキーの素材銘柄が補う形。飲料銘柄も高値。結局終値ベースでは+0.19%。

先日掲示板にも書いたが、リース業界関連の数字をグラフ化した記事(【サブプラ暴落以前から「気配」があった・リース業界の動向をグラフ化してみる】)で「4月から法令が改正されてリースはハードルが高くなった」との指摘があった。調べてみると確かにその通りで、少なくとも今年4月以降のリース業界の軟調さはこれも大きな要因だったようだ。追加の記事はすでに記述したが、あらためてここでご報告しよう。……にしても、グーグルのストリートビュー。ちと、やりすぎでは? と相場とは直接関係ないけどひとりごちる。

« 株式市場雑感(08/08/01:日経平均終値1万3094円59銭/1441.54/82.8) | トップページ | 株式市場雑感(08/08/06:日経平均終値1万3254円89銭/1500.02/86.3) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(08/08/01:日経平均終値1万3094円59銭/1441.54/82.8) | トップページ | 株式市場雑感(08/08/06:日経平均終値1万3254円89銭/1500.02/86.3) »

最近の写真