最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(08/10/24:日経平均終値8674円69銭/940.68/62.0) | トップページ | 株式市場雑感(08/10/29:日経平均終値8211円90銭/807.81/58.7) »

2008.10.27

株式市場雑感(08/10/27:日経平均終値7162円90銭/723.66/57.6)

本日の東京株式市場は後場にかけて急落、再び心理的パニック売りと換金売り攻勢による急降下的展開。前場は増資報道を受けて大手金融銘柄に売りがかさんだが、何とか前営業日終値付近でもみ合いを演じていたものの、政府の対策に不満の反応を示したと思われる投売りにより急落。特に先物による大規模な売り仕掛けでメガバンク3行がストップ安をつけるなど、異様な事態に。さらにアジア周辺国の株価大幅下落やアメリカ株式の先物指数の下げ、投資家の不安心理を表すVIX指数も急上昇を続けている。パニック的な状況、日付上は明日の掲載となる(実際にはすでに掲載済み)のスタンピード現象が加速化していると考えて間違いない。日経平均の下げ幅は-6.36%と例のグラフを描きかえる必要はないものの、史上16番目の下げ率を記録。出来高は31.0億株と大きめ。JASDAQ指数の下落はおとなしいものの、マザーズ・ヘラクレス指数は大きく下げており、全体的に売り込まれたことを表している。なお、イブニングセッションの日経平均先物では7000円割れを確認している。また、日経平均の終値そのものはバブル時期以降の最安値を下向けに突破し、1982年10月以来の安値水準となった。

日経225イメージ個別銘柄。【三菱商事(8058)】は後場にかけて続落。[任天堂(7974)]も下げ一本。引けにかけてストップ安となり、成り行き売買が成立しきれないほど。[楽天(4755)]も下げる。[ソフトバンク(9984)]も下げて引けにかけてストップ安に。[マクドナルド(2702)]は引け大規模な思惑の売り買いが錯綜し、結局プラス引け。[ローソン(2651)]はもみ合いながらプラスを維持。その他大型著名銘柄でストップ安が目立つ。まさにファンドの換金売りの典型的パターン。架空ファンドは全面安。日経225マップは緑もいくつか見られるが、ほとんど明るい赤(-3%以上の下げ)。

日経平均の長期間チャート
日経平均の長期間チャート

今回はおまけで日経平均の長期間チャート。利用したツール(Hyper SBI)が20年範囲でしか表示できないのでこんな感じになってしまった。左端の上値がバブル時のもの。つまり右端の直近データは、バブル期以前でないと同じくらいの低い値を探すことができないわけだ。さらにいえば、今月の下落振りがいかに異様な事態であるかも分かるはず(下げ「幅」はバブル崩壊時期と同じ程度だが、元の値が低いため下げ「率」は大いに異なる)。

BadNewsイメージ手持ち銘柄。当然のごとく全面安。前日比プラスは1銘柄のみ。その分前営業日に続き、1枚だけ購入した機械関連銘柄がナイアガラの滝状態……で涙目。これはもう放置か、下げ止まってから買い増ししかないかな。先日購入した鉄板的デフェンシブ医薬品銘柄も後場に急落のあおりを受けて大幅安(一時は買値近くまで戻っていたのに)。こちらは少々単価は大きいが利回りの区切りが良いところで買い増し予定。恐らく半永久保有になるだろう。評価額は前営業日比-2.90%に。日経平均株価と比べれば少ないものだが、冗談にならない下げに「なんでやねん」とモニタにツッコミ。どこまで評価損が上積みされるのかしら。少なくとも今が、テクニカルもファンダメンタルも通用しない、意地でも売り込まれる状況に違いはない。

« 株式市場雑感(08/10/24:日経平均終値8674円69銭/940.68/62.0) | トップページ | 株式市場雑感(08/10/29:日経平均終値8211円90銭/807.81/58.7) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(08/10/24:日経平均終値8674円69銭/940.68/62.0) | トップページ | 株式市場雑感(08/10/29:日経平均終値8211円90銭/807.81/58.7) »

最近の写真