最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009.11.30

株式市場雑感(09/11/30:日経平均終値9345円55銭/677.46/63.8)

本日の東京株式市場は大幅高の展開。いわゆる「ドバイショック」についてUAEが緊急措置を講じる声明を発表したことなどを受け、金融関連銘柄を中心に大きく買い進まれ、出来高を伴い上昇。終値ベースで+2.91%と3%近い上昇となった。出来高も24.7億株とやや大きめ。特に大型銘柄が買われたようで、東証一部大型株指数は4%近く上げている。

個別銘柄。【三菱商事(8058)】は次第高、引けにまとまった売りが入る。[任天堂(7974)]はやや高値、引けにかけて猛烈に売られて、一挙にマイナスに転じる。[楽天(4755)]は次第高。[ソフトバンク(9984)]は高値もみ合い。[マクドナルド(2702)]は次第高、引けに乱高下。[ローソン(2651)]はもみ合い。[ホンダ(7267)]は高値圏で推移。架空ファンドは全面高。日経225マップはいまだに回復の兆しナシ。

GoodNewsイメージ手持ち銘柄。人材派遣銘柄や手帳優待銘柄を除けばほぼ全面高。特に金融関連銘柄の値上がりが著しい。前日比は+1.89%だが、日経平均株価の上げと比べれば大人しいもの。

先日のコンビニ来客の年齢階層データについて、色々と反応が返ってきている。多くは異論を唱えるものだが、それはそれで良しとする。何も自分の考え・推論が100%正しいとは思っていないからだ。他の人の指摘や提言でより確かな答えに近付いたり、新たな可能性が開ければ、自分も読者もより知識を豊かなものとすることが出来るし、サイトの内容も充実するに違いない。

2009.11.27

株式市場雑感(09/11/27:日経平均終値9081円52銭/687.20/57.7)

本日の東京株式市場は大幅安の展開。日経平均株価は終値ベースで9100円を割り込み、300円以上の下げ幅を記録している(前日比は-3.22%)。ドバイショック、円高・ドル安の為替急変、さらには適切な対策が打たれないことへの失望感なども合わせ、大きく下げる。14時以降に先物の仕掛けによるものと思われる急落もあり、まともな戻しもなく場を引けた。出来高は22.6億株とやや大きめ。投げ売りもあったのか。

個別銘柄。【三菱商事(8058)】は大幅安。[任天堂(7974)]も安値。[楽天(4755)]も下値。[ソフトバンク(9984)]も安い。[マクドナルド(2702)]は安値だが軽微。[ローソン(2651)]は逆行高。各種指標は任天堂のみ安い。日経平均株価マップは復活の兆し見えず。

手持ち銘柄。売買は特になし(約定せず)。携帯電話め製薬・飲料が大きく下げ、人材派遣がちょっぴり上げる。差し引きで前日比は-0.91%。日経平均株価と比べて下げ幅が小さいのは、主力銘柄の割合が少ないから。ダメージそのものが少ないわけではない。来週あたりから相場観は反転すると思うのだけど……。

2009.11.26

株式市場雑感(09/11/26:日経平均終値9383円24銭/685.32/60.7)

本日の東京株式市場は安値もみ合い。急激に進むドル安・円高を受けて関連する銘柄を中心に幅広く売られた。為替が1ドル86円台まで進行したことや、それに対して現政府が現状を正確に認識せず対処も取らないこともあり、失望的な雰囲気が市場を支配している。出来高は19.5億株と少なめ、日経平均株価は前日比で-0.62%。

個別銘柄。【三菱商事(8058)】はやや高値引け。[任天堂(7974)]はやや安値。[楽天(4755)]は次第高。[ソフトバンク(9984)]はもみ合い。[マクドナルド(2702)]は下値でよこよこ。[ローソン(2651)]はやや安値もみあい。[ホンダ(7267)]も安い。架空ファンドは高安まちまち。日経225マップはいまだに回復の兆しナシ。

虎のぬいぐるみイメージ手持ち銘柄。市場の雰囲気にたがわず全面安。先日大いに下げた製薬銘柄がやや反発したくらい。小型資源商社が投げ売りを受けて、暴落に近い下げを見せて凹む。全体では前日比で-0.56%。

先日仕事で銀座に行く用事があり、ついでに田中貴金属の本店に足を運ぶ。例の「3000万円の金の屏風」があれば見てこようかと思ったのだが、やはり見つけることは出来なかった。代わりに験担ぎとして、来年の干支の寅のぬいぐるみを一つ購入する。来年は今年よりもっと良い年であるとよいのだが。

2009.11.25

株式市場雑感(09/11/25:日経平均終値9441円64銭/687.64/63.4)

本日の東京株式市場はもみあいの末、ようやく引けにプラスで場を綴じ、実に6日ぶりに「反発」という表現を使うことができた。しかし内情的には「たまたまプラスで終わっただけ」程度の話であり、楽観視できるような材料は見当たらない。出来高は19.5億株、日経平均株価は+0.43%とさえない取引・上昇幅で、円高ドル安もさらに進んでおり、予断を許さない状況ではある。

個別銘柄。【三菱商事(8058)】は安値寄りつき、次第高。[任天堂(7974)]も安値で寄りついた後、次第に上げる。[楽天(4755)]は寄りつきを高値で付けた後はもみ合い。[ソフトバンク(9984)]も次第高。[マクドナルド(2702)]も次第に値を上げる。[ローソン(2651)]はやや高値もみあい。[ホンダ(7267)]は高値。架空ファンドは療養食品のみ高い。日経225マップはいまだに回復の兆しナシ。

手持ち銘柄。高安まちまち。その他金融や化粧品銘柄が上げ、不動産関連などが下げる。差し引きで前日比は+0.26%。かなりしょぼめ。

2009.11.24

株式市場雑感(09/11/24:日経平均終値9401円58銭/687.23/64.5)

本日の東京株式市場は毎度おなじみの失速展開。23日のアメリカ市場の堅調さを受けてやや高値で始まったものの、国内に買い材料が無く売り材料の大安売り状態では買いが続くはずも無く、あっという間に日経平均株価はマイナス圏に。その後も大きな戻しは無く、政治不安による国内外の売りは加速している。一番の当事者らがその自覚が全くないのがさらなる売りを誘っているようだ(WSJの社説では「日本は社会主義化しつつある」という寸評が「9月の時点で」寄せられているほど。国内で全く報じられていない事自体異常な状態ではあるが)。特に金融関連の銘柄の不安による売りが大きく、出来高は18.3億株と少なめなものの、日経平均株価は前営業日比で-1.01%に。

個別銘柄。【三菱商事(8058)】は高値寄りつき、その後失速して引けまでにマイナスに転じる。[任天堂(7974)]はヨコヨコ、やや高値で終える。[楽天(4755)]は安値もみ合い。[ソフトバンク(9984)]は高値をつけたあと、失速。[マクドナルド(2702)]は安値、引けにかけて急上昇。[ローソン(2651)]はもみ合い。[ホンダ(7267)]は安値、引けにかけて戻す。架空ファンドは任天堂のみ高い。日経225マップはいまだに回復の兆しナシ。

BadNewsイメージ手持ち銘柄。全面的な安値で良いところなし。特に枚数をそれなりに持っている製薬銘柄が大きく下げたのが痛い。前日比は-1.25%と日経平均株価より悪いパフォーマンスで凹む。

2009.11.20

株式市場雑感(09/11/20:日経平均終値9497円68銭/687.20/66.7)

本日の東京株式市場は小幅安の展開。今日は寄り付きから大きく下げ、一度リバウンドを挟んで再下落、後場に入ってじわじわと値を戻すもののマイナス圏からの脱出はならず、日経平均も終値で9500円を割る次第となった(前日比-0.54%)。政府のデフレ発言やいわゆる「仕分け」でとばっちりを受けた製薬銘柄の下げが目立ち、さらに大型輸出銘柄の投げ売りがいくつか観測され、それが市場全体の雰囲気をネガティブなものとしている。出来高は21.3億株。

個別銘柄。【三菱商事(8058)】は安値もみ合い。[任天堂(7974)]は安値。[楽天(4755)]は次第高。[ソフトバンク(9984)]は高値推移。[マクドナルド(2702)]は高値、後場に一段高。[ローソン(2651)]は高値もみ合い。各種指標は療養食品のみ安い。日経平均株価マップは復活の兆し見えず。

手持ち銘柄。売買は特になし。その他金融がややプラス、人材派遣がややマイナス、製薬銘柄が大きく下げる。差し引きで-0.11%と日経平均よりはパフォーマンスが良い状態に。でもあまり嬉しくないのはなぜだろう。

2009.11.19

株式市場雑感(09/11/19:日経平均終値9549円47銭/691.03/68.7)

本日の東京株式市場は毎度おなじみの失速展開。国内情勢の体たらくを受けて海外市場から取り残された感が強く、さらに大型増資懸念や閣僚らの不用意発言・行動が売り圧力を増す状態に。買い手がほとんど見られない中で、個人の投げ売り・換金売り、さらには先物の売りによる安値誘導も相まって、まともなリバウンドも無く下げるばかりとなった。出来高はやや大きく25.6億株となり、売り圧力が高いことを指し示す一つの材料となっている。日経平均株価は前日比で-1.32%。

個別銘柄。【三菱商事(8058)】は安値、引けにかけて多少戻す。[任天堂(7974)]も安い。[楽天(4755)]は次第高。[ソフトバンク(9984)]は安値をつけたあとはもみ合い。[マクドナルド(2702)]はマイナスに転じたあと、ヨコヨコ。[ローソン(2651)]は安値。[ホンダ(7267)]は大幅安。架空ファンドは高安まちまち。日経225マップはいまだに回復の兆しナシ。

手持ち銘柄。買い増しをしようとした銘柄が指値前で反転して腰砕け。大きな動きがあったものは、製薬・その他金融が上げ、化粧品・携帯電話が下げ。足し引きで前日比は-0.61%。

2009.11.18

株式市場雑感(09/11/18:日経平均終値9676円80銭/699.18/69.1)

本日の東京株式市場はいつものごとく方向感と緊張感が共に無い、寄りつきでやや上げた後に失速、そのままマイナスに転じる展開。海外状況にはほとんど反応せず、国内の政治的要因がさらなる売り材料を積み増している雰囲気が強い。「日本発世界同時株安」ではなく「日本”だけ”株安」と揶揄する声すら。出来高が22.6億株と多いのは、国土交通省の発言による某航空会社銘柄の投げ売りや、それに影響される大手銀行株への売りが主要因のようだ。日経平均株価は-0.55%。

個別銘柄。【三菱商事(8058)】は安値引け。[任天堂(7974)]は安値もみ合い。[楽天(4755)]は次第安。[ソフトバンク(9984)]はもみ合い。[マクドナルド(2702)]は高値。[ローソン(2651)]は高値。[ホンダ(7267)]は後場失速。架空ファンドは全面安。日経225マップはいまだに回復の兆しナシ。

手持ち銘柄。概して安値、1銘柄はストップ安すら食らう。さっさと利益確定しておけばよかったか。化粧品、コンビニ、製薬が大きく上げ、人材派遣、住宅関連、飲料などが下げる。差し引きで前日比は-0.58%。

2009.11.17

株式市場雑感(09/11/17:日経平均終値9729円93銭/708.35/72.4)

本日の東京株式市場は上昇後失速、といういつものパターンの相場展開。寄り付きは資源価格の高騰やアメリカ市場の堅調さを受けて買われ、やや高値で推移したものの、それも続かず売り込まれる。後場に入ると一段安となり、その流れを先物の売りが後押しする状態。値ごろ感が見えてきた銘柄も見られるが、「将来を見越して売り買いする」株式に対し、現状で売りと買いどちらが正しいかと考えれば、市場展開がこのような状況になるのも理解できないわけではない。出来高は19.1億株、日経平均株価は-0.63%。

個別銘柄。【三菱商事(8058)】は高値寄り付き、後場に失速。[任天堂(7974)]は寄り付き高値、すぐにマイ転。[楽天(4755)]は10時半頃にマイナスへ。[ソフトバンク(9984)]は次第安。[マクドナルド(2702)]は安値。[ローソン(2651)]はもみ合い。各種指標は全面安。日経平均株価マップは復活の兆し見えず。

手持ち銘柄。売買は特になし。大きく動いたところではETFや人材派遣、その他金融が下げ、携帯電話、化粧品、不動産関連などが上げる。差し引きでは-0.23%にとどまる。昨日買った短期売買銘柄の追加で、ポートフォリオが正直ごちゃごちゃ。これらの銘柄を売却する際、中長期の銘柄ももう1、2銘柄ほど整理したいところ。どのみち1つは損失確定でもいいので売ることが決まっているし……。

2009.11.16

株式市場雑感(09/11/16:日経平均終値9791円18銭/730.38/77.8)

本日の東京株式市場は方向感と緊張感が共に無い、惰性で動いているような相場展開。円高が継続していることや銀行セクターの大型増資を懸念し金融関連銘柄や中小銘柄が大きく売られ、指数関連銘柄だけが買われている状態。日経平均株価はかろうじて前営業日比で+0.21%を見せたものの、トピックスは-6.38%と大きく下落。新興三市場指数も大きく下げており、要は「プラスを取り繕ったような」状態。出来高は18.4億株。夏以降継続している国内政策(経済・外交を問わず)に対する市場からの返答、と見れば良いのだろうか。経済担当の閣僚が平気でインサイダー情報を流して「知らなかった」レベルでは……。

個別銘柄。【三菱商事(8058)】は後場急落。[任天堂(7974)]はもみ合い。[楽天(4755)]は次第安。[ソフトバンク(9984)]はもみ合い、引けにかけてやや下げる。[マクドナルド(2702)]は後場に下落。[ローソン(2651)]は高値。[ホンダ(7267)]は安値もみ合い。架空ファンドはカレーのみ高い。日経225マップはいまだに回復の兆しナシ。

利益確定イメージ手持ち銘柄。寄りつきで先日購入した、短期売買用のソフト会社を売却し、利益確定。こちらは紙幣2枚ほどの利益。それと同時に思うところがあって6銘柄を絨毯爆撃的に購入。こちらはスイングレベルの期間で売却予定。今日買った分だけで独自のポートフォリオを作り、色々とモニタしていく予定。銘柄数がやや膨らんでしまったのが難点だが、これらを売る時に一緒に既存銘柄も1つか2つ整理しよう。ともあれ、手持ち分の前日比は-0.65%……あれ?

2009.11.13

株式市場雑感(09/11/13:日経平均終値9770円31銭/730.38/80.4)

本日の東京株式市場は安値もみ合い。SQ日ということで寄りつきはやや大きな動きがあったものの、その後は安値低迷感が続き、大きな売り買いも無く閑散とした状態のまま場を引けた。出来高は17.4億株と低めだが、今日がSQ日であることを考えると実質的な取引高はさらに少なく、半ばしらけムードが漂っている感は否めない。日経平均株価は-0.35%。

個別銘柄。【三菱商事(8058)】はもみ合い。[任天堂(7974)]は次第安。[楽天(4755)]は前場大きく上げて後場はそのまま高値維持。[ソフトバンク(9984)]は引けにかけて上げる。[マクドナルド(2702)]はもみ合い。[ローソン(2651)]は次第高で4000円回復。[ホンダ(7267)]はヨコヨコ。架空ファンドは任天堂のみ安い。日経225マップはいまだに回復の兆しナシ。

手持ち銘柄。約定した注文は特になく、全体的に高安まちまち。前日比は-0.54%と日経平均株価より悪いパフォーマンス。

2009.11.12

株式市場雑感(09/11/12:日経平均終値9804円49銭/730.38/85.2)

本日の東京株式市場は高値寄りつきの後失速、後場にかけて一段安となる展開。明日のSQを控えて元々売買が大人しめであったことや、売り材料はあれど買い材料が見つからない状態で、ここ最近の定例パターン「寄りつき高値・買い意欲続かず次第安」が今日も該当する羽目に。出来高は17.9億株、日経平均株価は-0.68%。

個別銘柄。【三菱商事(8058)】かろうじて高値推移。[任天堂(7974)]は後場に切り返してプラスに。[楽天(4755)]は高値寄りつきの後失速、少しずつ戻すも安値引け。[ソフトバンク(9984)]は高値寄りつきのあとじわじわと下げ、引けにかけて売り込まれてマイナスに転じる。[マクドナルド(2702)]はやや高。[ローソン(2651)]はもみ合い。[ホンダ(7267)]は高値。架空ファンドは任天堂のみ高い。日経225マップはいまだに回復の兆しナシ。

手持ち銘柄。約定した注文は特になく、住宅関連銘柄が上げ、他の銘柄は一様に下げる。特にその他金融銘柄の下げがキツい。差し引きで前日比は-0.89%。

2009.11.11

株式市場雑感(09/11/11:日経平均終値9871円68銭/728.59/89.1)

本日の東京株式市場は高値寄り付きの後、失速。材料に乏しく大手銀行の決算前ということもあり、買い動機が見当たらず、出来高も16.98億株と少なめ。やや高値で始まったものの、買いが続くエネルギーは無く、失速。結局、日経平均株価はぎりぎりプラス(+0.01%)で引けたものの、トピックスはマイナスとなった。

個別銘柄。【三菱商事(8058)】は後場に下落。[任天堂(7974)]は安値。[楽天(4755)]はもみ合い。[ソフトバンク(9984)]もヨコヨコ。[マクドナルド(2702)]は安値。[ローソン(2651)]はやや高。各種指標は療養食品のみ高い。日経平均株価マップは復活の兆し見えず。

利益確定イメージ手持ち銘柄。先日購入した飲食店銘柄を寄り付きで売却。3枚しかなかったためスズメの涙ほどの利益。また、ソフトウェア会社の銘柄を1枚だけ購入。これも短期売却予定。既存銘柄は不動産関連以外は良いところがなく、前日比は-0.63%に達する。

2009.11.10

株式市場雑感(09/11/10:日経平均終値9870円73銭/737.26/89.4)

本日の東京株式市場は高値寄りつきの後やや高、その後スルスルと値を落として失速。俗に言う「緊張感が続かない相場」。G20での表明を受けて欧米市場が大きく値を上げたことを好感し、幅広い買いが入ったものの、自国内では買い材料が無い悲しさからか買いは続かず、後場に入ると値を落とすばかりとなった。出来高は18.1億株と少なく、相変わらずモチベーションの低い相場が続いている。日経平均株価は前日比で+0.63%。

個別銘柄。【三菱商事(8058)】は高値寄りつきのあと失速。[任天堂(7974)]は後場に下落。[楽天(4755)]は大幅高。[ソフトバンク(9984)]は高値推移。[マクドナルド(2702)]は安値。[ローソン(2651)]はもみ合い。[ホンダ(7267)]は高値、引けにかけて失速。架空ファンドはカレーのみ高い。日経225マップはいまだに回復の兆しナシ。

防衛技術シンポジウム2009イメージ手持ち銘柄。飲食銘柄を3枚ほど購入。これは明日にでも売却予定。他はその他金融や人材派遣が高く、製薬、住宅関連銘柄などが安い。差し引きで-0.19%。

今日は時間を取り、防衛省の展示会に足を運ぶ。以前の「ガンダム云々」の時と違い、あまり見るべきものは無く、例の実験機の小型モデルの少し大型版が目に留まったくらい。個々の技術はそれなりに興味深いものがあるのだが、なかなか未来志向的なものが見つからないのは残念なところ。むしろ暇さえあれば某大手経済系新聞社の名を出して「新聞で見た、載ってた」を連呼して技官を困らせたり、実演中に大声で携帯電話で会話(しかも芸能系の話)をして実演そのものを台無しにした、どこぞの記者が目に付いたほど。つくづくあのような大人にはなりたくないと思うものだ。

ちなみに写真は、上が「先進個人装備システム」、下が「先進技術実証機」の大型モデル。

2009.11.09

株式市場雑感(09/11/09:日経平均終値9808円99銭/741.05/82.7)

本日の東京株式市場は安値のあとやや持ち直したものの、やる気無さが感じられる相場展開。ドル安・円高傾向を嫌気してマイナスで寄りついたものの、その後買い戻しからか値はつり上がり、日経平均株価でプラスに転じる。しかし大した買い材料があるわけでもなく、薄商いのまま、プラス圏をかろうじてウロウロするような状態が継続する。出来高は16.1億株とかなり少なく、日経平均株価も+0.20%に留まる。

個別銘柄。【三菱商事(8058)】は次第高。[任天堂(7974)]は一時盛り上がりを見せたものの低迷。[楽天(4755)]は次第高。[ソフトバンク(9984)]は大きな動きは見せず。[マクドナルド(2702)]は次第高。[ローソン(2651)]は次第安。[ホンダ(7267)]は安値の後、切替し。その他、大型指数系銘柄(東京電力)のいくつかで、大きな売り崩し現象が観測されている。架空ファンドは全面安。日経225マップはいまだに回復の兆しナシ。

手持ち銘柄。住宅関連銘柄と人材派遣銘柄が安く、製薬会社が高い。差し引きで前日比は+0.46%。珍しくも日経平均株価よりパフォーマンスが良い。

2009.11.06

株式市場雑感(09/11/06:日経平均終値9789円35銭/749.03/80.4)

本日の東京株式市場は高値寄りつきのあと失速。前日のアメリカ市場での高値を受けて買い先行でスタートしたものの、銀行大手が増資の可能性を受けて売り込まれたことで市場全体のマインドはネガティブに。日本時間で今晩発表されるアメリカの雇用統計への警戒感や週末でのポジション整理の売りもあり、上げ幅は限定的となった。特に日経平均株価が+0.74%とそれなりの値を示しているのに対し、トピックスは-0.11%をつけるなど、大型指数銘柄とそれ以外の銘柄の動きのかい離が著しい。出来高は18.8億株。

個別銘柄。【三菱商事(8058)】は高値寄りつきの後、失速。[任天堂(7974)]は高値、引けにかけて大きく売られる。[楽天(4755)]は高値。[ソフトバンク(9984)]も大きな動きは見せず。[マクドナルド(2702)]はやや高値で推移。[ローソン(2651)]は次第安。[ホンダ(7267)]も高値の後失速。その他、大型指数系銘柄(東京電力)のいくつかで、引けにかけて大きな動きが観測された。架空ファンドは療養食品のみ高い。日経225マップはいまだに回復の兆しナシ。

手持ち銘柄。取引は特に無し。製薬銘柄が反発、手帳優待銘柄も高め。一方で住宅関連銘柄が安く、飲料銘柄も落ち着かない値動き。差し引きで前日比は+0.52%と、日経平均株価よりパフォーマンスが悪い結果に。とほほ。

2009.11.05

株式市場雑感(09/11/05:日経平均終値9717円44銭/751.32/85.0)

本日の東京株式市場は大幅安の展開。前日のアメリカ市場はプラスで引けたものの、引けにかけて軟調に推移したことから警戒感が強まり、これを受けて売り込まれる展開となった。国内企業の決算は堅調なものが多いが、それが買いにつながらない現象も起きている。出来高も19.4億株と少なめ。日経平均株価は前日比で-1.29%。

個別銘柄。【三菱商事(8058)】は高値推移。[任天堂(7974)]は次第高。[楽天(4755)]は安値。[ソフトバンク(9984)]はヨコヨコ。[マクドナルド(2702)]は次第高。[ローソン(2651)]はやや高。各種指標は牛丼のみ高い。日経平均株価マップは復活の兆し見えず。

手持ち銘柄。例の不動産関連銘柄を指値で売り注文していたが約定はせず。その他金融銘柄が大きく上げ、製薬銘柄がかなり下げる。その他高安まちまち状態となるも製薬銘柄の下げが大きく響き、全体としては-0.61%に。

2009.11.04

株式市場雑感(09/11/04:日経平均終値9844円31銭/751.11/87.5)

本日の東京株式市場は安値の後じわじわと戻す展開。FOMCを前に様子見ムードが高まる中、方向感の定まらない動きが続く。その他金融関連銘柄がやや強めだったものの、後場までに規制緩和観測報道を否定する話が相次ぎ、これを受けて同セクターは大きく売られる。一方、アジアの他市場における堅調な値動きを受けて少しずつ買い戻しが入り、引けにかけて日経平均株価はプラスに転じる(+0.42%)。出来高は16.8億株。

個別銘柄。【三菱商事(8058)】は高値推移。[任天堂(7974)]は次第高。[楽天(4755)]はもみ合い。[ソフトバンク(9984)]も大きな動きは見せず。[マクドナルド(2702)]はやや高値で推移。[ローソン(2651)]は安値。[ホンダ(7267)]は高い。架空ファンドは全面安。日経225マップはいまだに回復の兆しナシ。

利益確定イメージ手持ち銘柄。寄りつきで半導体関連銘柄をすべて売り、買値に4割ほど増しの利益を上乗せする……とはいえ、単価が安く枚数も大して持っていなかったので、利益額はスズメの涙。保有銘柄ではその他金融銘柄は大きく下げ、製薬銘柄と人材派遣銘柄が大きく上げる。差し引きで前日比は+0.38%。住宅関連銘柄は指値売りをするも約定せず。結構低い値で指しておいたのだが、届かず。

2009.11.02

株式市場雑感(09/11/02:日経平均終値9802円95銭/742.70/84.9)

本日の東京株式市場は大幅安の展開。前営業日のアメリカ市場で金融セクターを中心に幅広く売られたこと、CTIグループの破たんをきっかけに、ドル安・円高も受けて全面安の展開。その他金融セクターは規制問題の報道で逆行高となったが、ロプロが前場終了後に会社更生手続き申請をしたことで、やや冷や水となった感がある。結局リバウンドらしいリバウンドもなく、安値のまま場を終える。出来高は18.1億株と少なめ、日経平均株価は-2.31%。

個別銘柄。【三菱商事(8058)】は安値。[任天堂(7974)]は安値だったが引けにかけて値を戻す。[楽天(4755)]は次第高。[ソフトバンク(9984)]は安値。[マクドナルド(2702)]は安値。[ローソン(2651)]はもみ合い。各種指標はカレーのみ安い。日経平均株価マップは復活の兆し見えず。

手持ち銘柄。寄り付きでその他金融セクター銘柄を20枚ほど購入。メインとは別証券口座で金属系ETFをいつも通り数枚買う。先日買った半導体銘柄が大きく上げたが、不動産関連銘柄や人材派遣銘柄などが下げる。差し引きで前日比は+0.37%。この市場状況においてはそれなり。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

最近の写真