最近のトラックバック

無料ブログはココログ

雑談その他

2005.09.23

【雑談】知識は人生を豊かにする

自分が闘病記を書いているのもあって、googleで「闘病記」をキーワードにして検索をかけることが時々ある。先日もたまたま「闘病記」などを入力して検索していたところ、あるネット上民芸店のサイト(【栗田民芸店】)が目に留まった。【闘病記】……って犬の闘病記じゃん。その犬の名前はチビ。

だがよく読んでみると肝心の闘病記録が無い。説明によれば、編集のミスでデータを無くしてしまったとのこと。チビは看護の甲斐なく亡くなってしまい、闘病記録も喪失し、二重の悲しさに打ちひしがれているという話だった。ページの中央には「誰か記録している人がいたら連絡して欲しい」という文字が。もし実声で表現できるのなら、喉も張り裂けんばかりに叫び、一人でも多くの人に助けを求め、可能性にかけてみたい、そんな気持ちすら伝わってきた。

日付は約二年前。ということは、その間ずっと訴えかけてきたが誰も応えることはできなかったようだ。サイトを閲覧することはあっても、それを記録している人は滅多に無く、ましてやこういう訴えに応えられる人などまずいない。自分のサイト閲覧の傾向を思い返してみれば誰でもうなづけるはずだ。

ましてや自分は、このサイトは初めて覗いたわけであり、二年前にアクセスしているはずがない。

だが、自分はチビの記録について、解決できるかもしれない手段を知識として知っていた。

そう。米国のNPO団体が運営している【Internet Archiveプログラム】だ。

ここならあるいは。早速、該当するURLを入力して検索。幸いにも何年か分のデータが保存されていた。少しずつさかのぼり、「編集ミスで失った」直前のページを探し出す。案の定、二年ほど前の、削除直前のデータを見つけることができた。写真が一部欠損していたが、テキストはすべて残っている。これなら大丈夫だろう。URLをコピーし、さらに念のためページを保存。

さて、どうしようか。二年間も放置されていたのだから、あるいはすでに誰かが同じようなことをしてサイト管理側に教え、問題は解決しているかもしれない。もしかするとすでに興味を失っているかもしれない。そんな思いが頭をよぎる。

だが。

山ほどのサイトが存在する昨今において、たまたま検索にかかり、このページがたまたまInternet Archiveの存在を知っている自分の目に留まり、たまたま「Internet Archiveでデータを復元できるかもしれない」と気がつき、たまたま必要となるデータが残っていた。これはとてつもない奇跡ではないのだろうか。

面倒だ、余計なお世話だと思われるかもしれないが、こんな奇跡がありうるのだから、もしかしたらしかるべくしての結果なのかもしれない。恐らくは多くの人から笑われるだろうが、チビがそうさせてくれたのかもしれない。そんなことすら思うようになり、とりあえず管理サイト側に状況説明と復元先などの情報をメールした。

数日後、チビのサイトを見てみると、Internet Archiveで保全されていたデータを元に、チビの闘病記は見事復元されていた。写真もどうにかなったようだ。自分のした事が無駄にならなかったようで、本当によかった。

前後して民芸店のサイト管理人からお礼のメールが届いた。2年越しにデータが戻ってきたことで、チビが戻ってきたような思いができたそうな。

「知識は人生を豊かにする」という言葉がある。今回の件であらためてその言葉を実感できた気がする。

2005.07.07

【事件】ロンドンで同時多発テロ発生

各報道ですでに報じられている通り、イギリスの首都ロンドンにおいて日本時間の7月7日夕方、現地時間の午前、同時多発テロと見られる複数の爆発が発生、多数の死傷者が出ているもよう。イギリスのブレア首相はすでに緊急声明で「連続テロが起きたことは確実である」と述べ、一連の爆発がテロであると断定している。また、【NIKKEI Netなどが報じている通り】欧州株式相場や原油価格が急落、市場も混乱を極めている。また、ロイターによれば東南アジア市場にも多少影響が出たという。

【(テロを伝えるBBCの記事、英語)】

今テロがオリンピック招致と関係があるのか、それとも現在開催中のサミットと関連があるのか、現在のところは明らかになっていない。これから開かれるニューヨーク市場の動向が気になるところ。果たして911の時のような、中期的な低迷へのきっかけになるのか、それとも先のスペインでのテロのように、一時的な下落にとどまるのか……。

なお、【Mainichi INTERACTIVE】などが報じたところによれば、ウェブサイト上で今テロはアルカイダ系組織によるものだという情報が報じられている。

[追伸]Eトレード証券によれば、
「ロンドンでの地下鉄・バスの事故の影響で、現在、為替eワラント以外のカバードワラントの売買を停止しております。現在、ゴールドマン・サックスにてマーケット・メイクを継続できる状況かどうか確認中です。尚、その他のサービスにつきましては通常通りご利用いただけます」
とのこと。事故じゃないのに……(2005.7.7. 22:40)

[追伸]NY原油価格がテロで急落との報
【読売新聞によれば(Yahooニュースにて)】ニューヨーク商業取引所の原油先物相場も急落している。史上初の62ドルをつけたあと、57.20ドルまで下げたとのこと。(2005.7.7.22:57)

[追伸]NY市場も下げで始まる
日本時間22時半から始まった米国市場では、現在のところ前日比で幾分下げて始まっている。9時52分(アメリカ東部標準時間)現在、ダウは前日比-44.35の10226.33、ナスは-7.27の2061.38。(2005.7.7.23:15)

2005.07.01

【雑談】マイライン詐欺

昼過ぎに会社へ大手電話会社NTの代理店と名乗るV社から電話。電話対応の者が「?」マークを出して助けを求めていたので、代わって応対。

代理店V曰く

「御社はNT社のマイラインに4年前から加入している。今度新しいプランが出来たのでお知らせする。確認をしたらお伺いして契約書に判子を云々」

ところがうちの会社はマイラインには一切登録していない。NT社から請求書の類も来ていない。

「そんな話は聞いていないが。うちがNT社と契約した際の登録データを送ってほしい。紙に残る形での資料をもって上に確認し、その上で対応したい」
「なにぶんにもこのご時世、口頭だけで了承してしまうと後々問題になる」

と答える。と

「うちは代理店なのでそんなデータはない。NT社に問い合わせてもしあれば送る」

との返事。おいおい、じゃあなんで「うちがNT社のマイラインに加入している」と分かって、電話してこれたんだよ。

電話を切った後、NT社のサイトを見ると一ヶ月ほど前に「(二次代理店による)不適切な営業の再発防止」云々との宣言をしたばかり。話が違うやん。ということで、とりあえずNT社本社に事情説明。対応したNT社のY氏はひと言もいってなかったが、どうやら同じようなクレームはいくつも来ているようだ。

人として最低限守るべきこと。ウソついちゃダメでしょ。ね? 某V社さん??

2005.06.03

【ゲーム】Lemonade Tycoon

シンプルで奥深いゲームを色々と探している過程で、シミュレーションゲームとしては老舗中の老舗タイトル『Lemonade Tycoon』を見つけた。

(英語版。無料では60分のみ・機能限定版)
【紹介ページはこちら】

タイトルの通りこのゲーム、レモネードを売って儲けようという単純明快なゲーム。材料を入荷したりレシピをニーズに合わせたり宣伝をしたりなど、色々なファクターがあるが、操作はきわめて簡単。

日本国内では……似たようなゲームとして「イスカンダルの豆腐屋ゲーム」あたり、かな。複雑なものになると、最近では『ザ・コンビニ』『ザ・ファミレス』やゲームソフト作成シミュレーションなど。ほとんどの人が知らないだろうけど、『バランス・オブ・ザ・プラネット』なども近いかな。

元々「レモネードスタンドを運営してお金を儲ける」スタイルは、米国などでは小さい時に「ビジネスとは」ということを実体験で学び取るため、授業などでもよく行われるらしい。日本ではほとんど聞かれない話。

ファクターや決定事項は少ないが、考えさせられる部分がたくさんある。例えば氷について。氷はストックできないので毎日買わねばならない。レモネード1杯に入れる氷を少なくしてしまうと経費は節約できるが、暑い日には「ぬるいぞゴルァ」と客に怒られ顧客満足度が減る。かといって氷をばかすかぶち込むと「水っぽくてまずい」と不満たらたら。天候も考慮して材料を事前に購入し、余計な経費を抑える必要もある。

こんな感じで、他にレモンや砂糖、紙コップなどが材料として存在する。他に宣伝広告費、各種機材、宣伝マンや補助スタッフの雇用、場所のレンタルなど、色々なファクターが存在する。気軽な遊び、としてよりは、「経営とは」を楽しめると思う。「レモネード」が日本ではマイナーなドリンクなんで、例えばビールとかラムネとか……うーん。

携帯電話や携帯タイプの端末で気軽に楽しめるゲームとして、何とかならないかなと思ってたり。

2005.06.01

【雑談】すっとこな開発会社

今、実業で関わっている、すっとこな開発会社の件で、その会社との連絡などを受け持つ担当者と雑談。

その場にいたわけではないので確証は持てないが、クライアント(プロジェクトの発注元)とその開発会社、そしてうちの担当との会合では

「概略的な仕様を渡せば後はうちで全部作りますよガハハハハ」

的な形で開発会社がOKしたらしい。つまり、あるプロジェクトについて発注元であるクライアントの案件につき、うちが企画立案、仕様概要の作成。開発会社が具体的な仕様や各種データの作成と開発、という役回りだ。

だが、いざフタをあけてみるとそのすっとこ開発会社、

「細かいデータも含めてぜーんぶ作ってね。でないと開発できないもん♪」

とか、至極当然のごとく抜かしたらしい。話がちゃうやろ、なんであんたのワークまでうちがやらなあかんのや。

ということでクライアントも、うちに対しては申し訳なさげな対応を。

結局、その開発会社に何度突っ込みいれてもらちがあかないので、データ作成やら仕様の詰めやらはうちがやることになった。担当者は泣いた。全米も泣いた(これはウソ)。

もちろんそのワーク分の別料金はもらえることになったようだが、最初に決めた「細かい仕様なども含めて全部開発しますよ」と言ってのけた開発会社は、そのままの開発料金を丸もらいするんだろうな、と思うと莫迦莫迦しくなる。

つまり、仕様詳細やデータ込みということでクライアントと開発会社間で取り決めてそのワークにあった支払額を決めていただろうに、実際にやるのは単純開発のみ。しかもそれすら仕様のコンセプトを捻じ曲げてまで楽をしようとしてる。やれ「こういう表現は難しいからこうしちゃいましょう」とか「この管理は大変だから乱数で省略しちゃいましょう」とか。お前ら、制作をなめとんのか。

例えば後者の例なら、麻雀牌を取って行くゲームを仮定してみる。本来の意図は「すでに取られて場にあがっている牌と同じ種類の牌は必然的に抽出される可能性が低くなる」というのがある。が、彼らは「全部の牌のうちどれがすでに取られて、どれがまだなのか」を管理するのが面倒だから、乱数で引かせてしまいましょう、本来ありえない枚数(例えば白牌が10枚とか)が最終的に出ても、それはしったこっちゃない、と堂々と主張した。

このすっとこ開発会社、どうやら企業向けなど汎用システムをメインにやってる会社らしいのだが、世の中のシステムってそんないい加減に作られるのだろうか。そう思うとかなり不安になってきた。

某大手銀行合併時にかなり問題となった、システム絡みのトラブルの話もさもありなん、という気も。

こういう開発会社ばっかりなんだろうか……頭が痛い。

ちなみにこの「すっとこ開発会社」、上場はしてないので。念のため。してたら空売りしまくるわい(w ってそれはインサイダー取引になりかねんか。

2005.05.26

【雑談】新会社法セミナーに参加したよ

某独立行政法人が主催する新会社法に関するセミナーに参加。現在国会にて審議中で、来年4月1日から施行のこの法案、平成に入ってから何度か行われた商法やそれに付随する関連法の変更とは比べ物にならないほど大きな変更が行われることで、前々から話題になっている。

よく言われているところでは、たとえば有限会社が有名無実なものになっていることから株式会社に統合されたり、LLC(LLP)と呼ばれる新しいスタイルの法人格が登場したりなど。他にも、定款に明記無き場合株券の不発行が基本となることや、取締役・監査役の任期が最高10年まで延ばせることなど、会社を新設する人だけでなく既存の会社にとっても「知っておいた方がよいことが多い」法案だったりする。

現在発刊されている新会社法関連の冊子のほとんどは、素案の段階で執筆されたものであり、審議中の原案には対応していないとのこと。可決成立前後になれば解説本も山ほど出るだろうから、それらを入手して勉強しなければならないだろう。

問題なのは、その新法が会社にとってプラスとなるかどうかということ。プラスになる部分があるのなら、積極的に活用しなければならない。知らなかった、もったいなかったなぁ、と後で悔やまないよう、(その時は無意味だ、と言われても)勉強することにしよう。

【雑談】派遣業

固有名を出すのは問題があるのであえて出さないでおくが、A社というところから電話が来た。初めていきなり連絡をしてきたにも関わらず「開発スタッフが余っているので云々」。いや、電話営業なんてのはそんなものだから、別にいいんだけどね。礼儀としてはなっていないようなんでマイナス1ポイント。

で、詳しく話しを聞くと、「自分のところは自主開発をメインとしていたが業界の動向に鑑み、他社へ自社の開発者を派遣することを今は主業務としている」とのこと。それで、プログラマの空きが数人あるのでいかがでしょうか、と。

確かに最近は請負とか人材派遣関連の法律規制が緩和されたこともあり、派遣業界の羽振りがよいのは知っているが、そのような事業を行うには登録なり申請が必要だったはず。「某P社みたいな、事実上派遣業と同じようなことですね」、と確認したら否定はされなかった。「法的に問題があるのでは」とノドまででかかったが、喧嘩をしても無意味なのでとどめておく。

電話では埒があかないので、「内容についてメールで送って欲しい」と答え、その場は終了。届いたメールを見たところ、

・コピペしたらしくあちこちに重複する言い回し(総統じゃないんだから残響音は止めてくれ)
・言い回しがため口に近い。初対面の相手へのビジネスレターにそれはないだろう
・具体的内容を見てみたが「紹介するスタッフ」のデータはとてもじゃないがナニなレベルばかり。しかも「概要」しか表記されていないのにそこまで判断できてしまう、というもの。
・所属が「弊社」から「御社」、「弊社契約社員」とマチマチ。こりゃますますもって、事実上派遣業と同じじゃないか……。サイト見たけど派遣業の許諾受けているような表記はどこにもない。

まぁ実際には「派遣業」ではないわけだし(厳密・法的に解釈するとどうなんだろう、というのはさておき。当方、法的な士業ではない)、「余ってるんだから別にここ(=うち)でもいいやー」とかいう程度の考えなんだろう。「検討して再度お話をする必要性があれば当方から折り返しご連絡させていただきます」と電話では返事をしておいたので、必要性を感じなかったから連絡もしないことにした(笑)。しかしホント、行政の監査が入ったら一発でお縄になりそうなことやってるよな、ここ。

最近、複数の知人から聞いた話で、法的には問題ありまくりな業務請負だの派遣まがいのことだのを平気でやらかしてる業者のことを耳にしていただけに、さもありなんというという感想。

要はたらい回しの構造が美味しいという風潮が広まりつつあるということか。告発して当方にプラスとなるのならいくらでも告発しちゃるのだが:P

2005.05.13

【雑談】ネットが出来ること、出来ないこと

サーバーを使ったインターネットのサービスは、突き詰めて考えれば

・入力
・計算
・データの保存と抽出
・出力

から構成される。例えば掲示板なら、書き込みを「入力」しデータとして「保存」し、閲覧リクエストの「入力」があればデータを「抽出」して表示というスタイルで「出力」する。ゲームや各種サービスにも、これらの原則は当てはまる。

見方を変えれば、ネット上のサービスや機能は、同じような仕組みで出来ていることが多い。また、ちょっと手を加えるだけで別物に変化する。要は、原則をどのようにシステムとして活かすのかという、アイディア・発想の問題。

この原則を頭に入れた上で、ある事柄に対するサービスの提供がネットで出来ないか、参考文献を元に考察中。既存の仕組みを応用したり、類似案件を参考にすることで何とかできそうな気がするのだが、まだ頭の中のイメージはもやもやしている、というかまとまりがつかない。ジグゾーパズルなら、まだパーツ自身が必要数すら揃っていないという感じ。

まずは骨組みとなるたたき台を作るのが先決。そのたたき台を元に、プラマイできるものを構築していって、自分の頭のイメージをはっきりとしたものにしたい。

2005.05.11

【雑談】鏡に映りし自らの姿を見よ

元ライターの立場としては非常に怒りを覚える話が【TBS(9401) 】で発生している。具体的には【TBS公式HPの盗用さらに4本、コラム全面削除(Yomiuri On-Line) 】

盗作だけでも非難されるべきなのに、編集長コラムと銘打った場所の文面が実はフリーライターによるものだとは。盗用についてもだが、「編集長コラムだなんて真っ赤なウソやん」というツッコミがあちこちで湧き上がってる。

こりゃあアレですな。TBS社員はしばらくゴルフやボーリングや飲み会は禁止ですな。

T(盗作)B(ばかり)S(する)

とはよくぞ言ったもんだ(笑)。

……とか書いているそばから。

【TBS部長自ら記事盗用、偽装工作も(NIKKAN SPORTS) 】

「外注フリーライターが盗作した。契約打ち切ったんで勘弁してチョ」てな感じの態度を取っていた、この事件。舌のねも乾かぬ内に、というか一晩も立たぬうちに更なるウソが発覚。

「外注ライターが書いていた」

としていた発表はウソ八百で

「社内の編成制作の部長が書いていた」

というのだ。こりゃTBSの社員はゴルフやボーリング、宴会の「自主規制」だけでなく、白い歯を見せることも慎まねばなりませんな、まったく。もちろん反論できませんよね、TBSさん??


他にも今日は、東京湾で定置網にかかって死んでしまったコクジラについて、そんな場所に追いやられたのは【テレビ朝日(9409) 】の取材ヘリが行った違法紛いの低空飛行が原因の可能性が高いという話も話題に登っている。【JR西日本(9021) 】の例の事故関連における取材のあり方が疑問視されている(……とは言うものの自らの首を絞めるので、テレビでは一切報じられていない)さなかに、

「他人のこととやかく言う前に鏡見たら?」

という言葉を啓上したいマスゴミコミの相次ぐ不祥事。明日以降の対応が愉しみ(ニヤリ)ではある。

2005.05.07

【雑談】間違いメール?

スパム広告や営業ではなく、単なる間違いと思われるメールが届いた。何人か宛に同時発信されたメールだが、自分以外はすべて携帯電話宛。しかもアドレスを見ると皆女性らしい。内容もどこそこのページへ向けた誘導文章は一切無く、自分がこれから行く温泉に関する感想や愚痴だけ。非常にほほえましいものだった。

意地悪く考えれば、「間違いですよ」と返事をしてくるのを待ち構え、レスがあった時点で有効なメールアドレスと判断する、新手のメアド業者の手立てなのかもしれない。

まぁ、相手が間違いに気がつけばそれまでだ。そうでなくとも双方に実害はないので、特に問題なし。世の中、こんなこともあるな、ということだろう。

最近の写真